読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の感想置き場

映画、アニメを中心に感想や想いを綴っていきます

【2015年ベストテン&ワーストテン企画】2015年映画ワーストテン

marion-eigazuke.hatenablog.com

 

2015年ベストテン&ワーストテン企画第2弾は2015年映画ワーストテンです。面白い作品もあればつまらない作品もある…そんな作品達をここでぶちまけてしまおうというわけです。まぁここからは文句ばかりになってしまいそうですが温かい目でお読みください。

 

まず今回のワーストテンのレギュレーションについてですが、もちろん2015年映画ベストテンと同じです。この条件を満たした映画でワーストテン決めたいと思います。

  • 2015年1月から2015年12月に劇場公開された映画
  • 2015年1月から2015年12月に発売されたディスクスルー映画
  • 2015年1月から2015年にNetflixで配信されたNetflix制作のオリジナル映画

 

当たり前ですがこのレギュレーションを満たしていても僕が鑑賞していない作品は選考対象外です。また劇場での鑑賞、レンタルDVDでの鑑賞など鑑賞方法は限定しません。今回は89本がエントリー対象作品となりました。

 

それでは第10位から発表していきたいと思います。

 

 

第10位:バケモノの子

www.youtube.com

自分は細田守作品が大好きだ…それだけに今作の出来栄えにはとてもがっかりした。確かにアニメーションのクオリティや声優陣の演技は素晴らしい。だがヒロインのとってつけたような扱い、悪役となるあるキャラクターの唐突ぶり、観念的なメッセージ性が全面に出てしまったが故のカタルシス不足…誰からも受け入れられるような要素を盛り込み過ぎた結果、全て九太と熊徹のためのご都合主義にしか見えなかった。多分国民的アニメ作家になってしまったが故の迷走が露骨に表れているのだと思う。僕は細田守が八方美人になる必要性はないと思うし、そんな作品は見たくない。

 

 

第9位:ファンタスティック・フォー

www.youtube.com

ジョシュ・トランクという作家が大好きな自分にとってとても楽しみだった1作。たとえ本国で記録的酷評を浴びせられたとしても自分だけは褒めるぐらいの心構えだったのだがあまりにひどい。引き裂かれる友情や孤独、嫉妬などジョシュ・トランクらしいエッセンスがふんだんに散りばめられ、新たなヒーロー映画の傑作が出来上がるポテンシャルがあるだけに、そのチグハグで映画として成り立っていないお粗末な出来栄えに思わず涙が出た。褒めたいのに褒めることができないからだ。次こそはジョシュ・トランクの素晴らしい作品が見れることを願うばかりだ。

 

 

第8位:新宿スワン

www.youtube.com

まず疑問なのだが、園子温というドラッキーな異彩を放つ監督を起用してまで普通のヤンキー映画を作る理由がちょっと分からない。 それを抜きにしても水商売というテーマが根底にある作品で、まったくと言っていいほど水商売の光と影が見えてこないというのはどうなのか?しかも結局描かれるのは主人公タツヒコとヒデヨシの拳と拳がぶつかり合う熱い友情で、しかも根底にはいじめっ子思想が見え隠れする。結局水商売というテーマがマイルドヤンキーを喜ばせるのためのおもちゃになっているのが上映時間の長さも相まってすごくイライラした。ただ役者陣の好演は全面的に認める。

 

 

第7位:ST 赤と白の捜査ファイル

www.youtube.com

実はドラマ未見で見に行って、ブロマンス要素満載な主人公コンビの掛け合いとか楽しかった。だがあまりにもテレビドラマの延長線上のようにしか見えない作りには疑問が残る。テレビドラマっぽいチープな画の連続や悪役であるハッカーの動機や行動の理屈、ベラベラと台詞で説明する、着ぐるみを巡る話のダダすべり具合、ツイッターの描き方、雑な群衆への演出などなど…テレビで見る分には十分だが、映画館のスクリーンで見ると本当にダサくてキツイ。やはりあの「ガッチャマン」を作り上げた佐藤東弥渡辺雄介のコンビは映画においては「地雷」でしかない。

 

 

第6位:ジュピター

www.youtube.com

あの「マトリックス」を作り上げたウォシャウスキー姉弟監督作。映像のクオリティはさすがハリウッドだが、まったくと言っていいほど新しい物が見当たらないSFガジェットや世界観、まったく魅力的でないキャラクターなど何一ついい所がない。ストーリーも悪役の貴族に主人公のヒロインが捕まってヒーローが助けるという展開ばかりだし、ヒロインとヒーローが恋に落ちる過程が唐突など描きたいことの半分も描けていないように感じる。あれ、ウォシャウスキー姉弟ってこんなに映画作るの下手糞だったっけ?ただエディ・レッドメインの小物ぶりは一見の価値あり。

 

 

第5位:エイプリル・フール

www.youtube.com

ある記念日的な日を巡る群像劇といえば「ラブ・アクチュアリー」や「バレンタインデー」 などあるが、今作はエイプリルフールをモチーフに群像劇が描かれる。しかも脚本が古沢良太だ。なかなか楽しめる作品になる気がしたのだがその期待は裏切られる。1つ1つの物語はぶつ切りで群像劇感は薄いし、ウソで広げられた話の閉じ方も強引にいい話にしようとして不快だしハッタリが効いてない。伏線の張り方もそこまで上手じゃないし…そして役者陣のオーバーアクトがまぁキツい。奈々緒の「うそぴょーん」とか本気であれが面白いと思っているのか…劇場で誰も笑ってなかったぞ。

 

 

第4位:96時間レクイエム

www.youtube.com

あの96時間シリーズが見るも無残な出来栄えとなって帰ってきた。ブライアン・ミルズというキャラクターが全く生かされない脚本、 ストーリーの理屈やロジックには一切整合性とか考えられてなくて納得できない、細かいカット割りで何をどういう状況でやっているのかさっぱり分からないアクション…前作がかわいく見えるほどに退屈でイライラさせられる。ヨーロッパ・コープはもうオリヴィエ・メガトンに監督をやらせるのはやめようぜ。あとリュック・ベッソンとロバート・マーク・ケイメンはもっとキャラクターに対して愛着を持ってくれ、こんな落ちぶれた作品見たくないぞ。

 

 

第3位:フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

www.youtube.com

劇場でヌードとSMプレイが見れるぞ!というゲスい理由で鑑賞したのだけど日本公開版のブラックホールみたいなボカシでゲンナリ。今時AVでもそんな処理はないぞ!また主人公は愛し合いたい、彼を理解したいと思っているのに彼氏は愛せないとか抜かしてSMプレイを強要させるってこのカップルが長続きする要素が全く感じられない。そのため彼氏が金持ちパワー見せつけて主人公メロメロ→セックス&SMプレイ→見解の違いで喧嘩というクッソどうでもいい展開の繰り返しを延々見せられる。さっさと別れろお前ら。あとこの金持ち彼氏は「ゴーン・ガール」のエイミーに殺されてしまえ。

 

 

第2位:進撃の巨人 ATTACK ON TITANS エンド オブ ザ ワールド

www.youtube.com

前編はスぺクタル溢れる巨人たちのグロ描写が素晴らしく、原作通りじゃないと怒り狂うバカを無視してのびのびと映画ならではの物語を紡ぎ出していて大好きだった。きっと後編も素晴らしいに違いないと思ったら、前編で投げっぱなしだった要素のしわ寄せしかない内容の薄い映画で心底ガッカリ。だらだらと心情をベラベラしゃべるだけの展開とどうでもいいキャラクターのドラマ描写ばかりを見せられてどこを面白いと思えばいいのか?人間に対する演出が前編以上に見ていられなかった。巨人同士のバトルは素晴らしかったが…「シン・ゴジラ」大丈夫かなぁ(期待しているからこそ不安)

 

 

第1位:天空の蜂

www.youtube.com

心情や原発問題へのメッセージ、状況をベラベラとセリフで説明する、ステレオタイプな胸糞悪いキャラクターとイライラするオーバーアクトのハーモニー、サスペンス皆無の退屈な展開、謎のイメージ情景を差し込むセンス、無駄なスローモーション乱用、繊細さを欠いた演出などなどダメな邦画の典型例のオンパレードで見るに堪えない。たとえどんなに素晴らしいテーマを扱っていようともエンターテイメントとしてここまで雑で退屈な作品は褒める気にもならない、むしろ怒りすら覚える。こんな作品で社会派面しないほうがいい、恥をかくだけだ。

 

 

…というわけで今年のワーストテンはこのようになりました。

 

  1. 天空の蜂
  2. 進撃の巨人 ATTACK ON TITANS エンド オブ ザ ワールド
  3. フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
  4. 96時間レクイエム
  5. エイプリル・フール
  6. ジュピター
  7. ST 赤と白の捜査ファイル
  8. 新宿スワン
  9. ファンタスティック・フォー
  10. バケモノの子

 

ワーストテンはまぁ多少入れ替えはありましたけど速攻で決まりました。それほどハズレや地雷映画を観に行かなかったからかなと思います。「ギャラクシー街道」とか「ストレイヤーズ・クロニクル」とかおぞましい評判しか聞かなくて怖くて見に行けなかったですし。一応ワースト候補だった作品も挙げておきます。

 

苦し紛れのワースト候補

 

この候補作の少なさからも今年は傑作揃いで穏やかだったのではないかなと思います。ワースト候補作と言いながらも結構好きな作品もあるし、例年基準なら「バケモノの子」とか入ってなかったと思います。

 

というわけで2015年映画ワーストテンはここまでになります。第3弾は2015年映画サントラベストテンの予定です。こちらは年内に発表できるか不安ですが楽しみにお待ちください。