読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の感想置き場

映画、アニメを中心に感想や想いを綴っていきます

第88回アカデミー賞ノミネーション予想

f:id:marion_eigazuke:20160113222703p:plain

 

いよいよ1月14日、映画の祭典とも呼ばれる第88回アカデミー賞のノミネーション発表が行われます。自分は毎回アカデミー賞のノミネーションと受賞予想をするのが日課で、今まではTwitterで予想を書いていました。

 

そこで今回からはブログにてアカデミー賞のノミネーションと受賞予想を書いていこうと思います。まずはノミネーションの予想です。受賞予想は授賞式直前にしたいと思います。今回ノミネーション予想する部門は作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞助演女優賞の主要6部門、そして長編アニメ映画賞、作曲賞です。作曲賞は自分がスコアサントラ好きなのでいつも予想する部門の中に入れてます。

 

あと断っておきますけど、自分の予想精度はそんなに高くないです(笑)あくまで参考程度でお願いします。それではまず作品賞から!

 

 

作品賞

次点:リリーのすべて、ストレイト・アウタ・コンプトン、ボーダーライン、スティーブ・ジョブズクリード チャンプを継ぐ男、Brooklyn、Ex Machina、ヘイトフル・エイト

 

作品賞は第84回からノミネートされる本数が5~10本の間という曖昧な規定になったためにかなり予想がしにくい部門。しかも今年は頭一つ飛び抜けているような作品があまりないような印象もあって更に予想が難しく感じる。

 

まず今回は9本で予想を立ててみた。理由はこのルールになってから行われた4回のアカデミー賞のうち、3回が9本だったからである。ラインナップとしてはとりあえず前哨戦で大きくリードしている「スポットライト」、「マッドマックス」やゴールデン・グローブ賞などで大きく目立っていた「レヴェナント」、「オデッセイ」は確実と予想。ただ娯楽作でしかも荒々しい「マッドマックス」がきちんと入るのかはちょっと不安ではある。

 

そしてやはり絶大な人気を誇るスピルバーグの新作「ブリッジ・オブ・スパイ」やピクサー復活作「インサイド・ヘッド」で華を添える。アニメ映画がノミネーションに入ることは稀だが今作の熱狂的な支持を見た感じだと十分にあり得る気がする。あと批評家から絶大な賛辞を得ていた「キャロル」「ルーム」を予想に入れた。ただこの2作は作品賞を占う上で重要なアメリカ製作者組合賞を逃しているのがネック。「マネー・ショート」は今後の伸びしろが大きそうなので予想に入れてみた。個人的願望ならば「クリード」や「ボーダーライン」なんかノミネートされたら嬉しいななんて…。

 

監督賞

次点:トッド・ヘインズ(キャロル)、アダム・マッケイ(マネー・ショート 華麗なる大逆転)、レニー・アブラハムソン(ルーム)、クエンティン・タランティーノヘイトフル・エイト)、トム・フーパーリリーのすべて)、ドゥニ・ヴィルヌーヴ(ボーダーライン)

 

監督賞は作品賞のノミネーション予想と直結している作品を監督している人で、尚且つアメリカ監督組合賞にノミネートされたジョージ・ミラーアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、トーマス・マッカーシーリドリー・スコットは確実と予想。ちなみにアメリカ監督組合賞ではアダム・マッケイが選ばれたが、自分は残り1枠を言われなくても票を集めそうなスティーブン・スピルバーグを予想に入れてみた。個人的願望ではアダム・マッケイ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、トッド・ヘインズがノミネートされると嬉しいが果たして?

 

主演男優賞

次点:ジョニー・デップブラック・スキャンダル)、マイケル・B・ジョーダンクリード チャンプを継ぐ男)、トム・ハンクスブリッジ・オブ・スパイ)、スティーヴ・カレルマネー・ショート 華麗なる大逆転)、ウィル・スミス(Concussion)

 

主演男優賞はまずエディ・レッドメインマイケル・ファスベンダーは役が実在の人物+スターパワーの組み合わせでノミネートされ、作品に勢いがあるレオナルド・ディカプリオマット・デイモンもあっさりノミネートされると予想。そして最後の1枠には意外な人気を伺わせたブライアン・クランストンを入れてみた。実在する人物を演じたこと+スターパワーの組み合わせではジョニー・デップトム・ハンクス、ウィル・スミスも捨てがたいが、予想に挙げた二人と比べるとあまり前哨戦で活躍できていないことから少し難しそうだ。でもアメリカ映画俳優組合賞でノミネートされたジョニー・デップならいけそうな気配も感じる。

 

主演女優賞

次点:シャーロット・ランブリング(さざなみ)、ルーニー・マーラ(キャロル)、ジェニファー・ローレンス(Joy)、エミリー・ブラント(ボーダーライン)

 

主演女優賞は前哨戦で一騎打ちを繰り広げたブリー・ラーソンシアーシャ・ローナンは確実にノミネートされると予想。だがここからが難しくてまず「キャロル」のルーニー・マーラと「リリーのすべて」のアリシア・ヴィキャンデルが主演と助演のどちらでプッシュされるのかが予想しにくい。まだルーニー・マーラケイト・ブランシェットがいるので助演に回されてもおかしくはないのだが、「リリーのすべて」のアリシア・ヴィキャンデルに関しては前哨戦で主演と助演のどちらもノミネートされていて読みにくい。自分は主演プッシュと思っているのだが果たして?そして個人的プッシュとしてフュリオサ隊長ことシャーリーズ・セロンを予想に入れてみた。ただ最後の1枠についてはシャーロット・ランブリングが入りそうな気はする。

 

助演男優賞

次点:マイケル・キートンスポットライト 世紀のスクープ)、マーク・ラファロスポットライト 世紀のスクープポール・ダノ(ラブ&マーシー 終わらないメロディ)、マイケル・シャノンドリーム・ホーム 99%を操る男たち)、イドリス・エルバ(ビースト・オブ・ノー・ネイション)、ジェイコブ・トレンブレイ(ルーム)

 

まず前哨戦で目立ちまくっているマーク・ライランスとゴールデン・グローブ賞でのスピーチも印象的だったシルヴェスター・スタローンは絶対に外せない。だが残り3枠はどの候補も横一線でとても難しい。とりあえず作品に勢いがありそうなトム・ハーディと会員からの人気が高そうなクリスチャン・ベール、個人的願望でベニチオ・デル・トロを予想に入れてみた。作品のパワーでは「スポットライト」組も捨てがたいが票割れの危険性を考慮して予想から外した。次点のなかではジェイコブ・トレンブレイが入る可能性が最も高いと思う。

 

助演女優賞

次点:エリザベス・バンクス(ラブ&マーシー 終わらないメロディ)、ジェーン・フォンダグランド・フィナーレ)、ヘレン・ミレン(トランボ ハリウッドに最も嫌われた男)、レイチェル・マクアダムス(スポットライト世紀のスクープ)

 

まずルーニー・マーラケイト・ブランシェットに主演でノミネートさせるかわりに助演でノミネートされると予想。そしてアリシア・ヴィキャンデルは前哨戦での結果を見る限り「リリーのすべて」ではなく「Ex Machina」でノミネートされると予想。つまりアリシア・ヴィキャンデルはWノミネートもありえるというわけだ。 あとは前哨戦での結果とカムバックスターとしてのポテンシャルからジェニファー・ジェイソン・リー、会員からの人気の高さが伺えると同時にゴールデン・グローブ賞でサプライズを起こしたケイト・ウィンスレット、批評家向けの賞ばかりではあるものの勢いのあるクリステン・スチュワートを予想に入れてみた。もしかしたら作品の勢いからレイチェル・マクアダムスもいけるか??

 

長編アニメ映画賞

次点:ミニオンズ、Home、思い出のマーニー

 

前哨戦ではほとんどの賞がこのノミネーションだったのでアカデミー賞でもそれは揺るがないだろう。日本人としては思い出のマーニーが健闘してくれると面白いのだが厳しいだろうか?

 

作曲賞

次点:トーマス・ニューマンブリッジ・オブ・スパイ)、マイケル・ジアッキーノ(インサイド・ヘッド)、ハワード・ショアスポットライト 世紀のスクープ)、ヨハン・ヨハンソン(ボーダーライン)

 

まずジョン・ウィリアムズエンニオ・モリコーネの二大巨匠は絶対に外せない。特にエンニオ・モリコーネに関しては前哨戦でも申し分ない成績を残している。あとは会員から人気の高いカーター・バーウェルアレクサンドル・デスプラも多分ノミネートされるだろう。そしてこの賞はフレッシュで他分野からの人選を多く選ぶ傾向があるので残り1枠にジャンキーXLの名前が入ると予想した。ただもしジャンキーXLがダメならば無冠の帝王ことトーマス・ニューマンか同じく会員人気がおそらく高いであろうマイケル・ジアッキーノが入るかもしれない。作品の勢いという意味ではハワード・ショアも侮れない。

 

 

 

…というわけで自分はこのように予想してみました。さぁ実際のノミネーションでは予想通りになるのか?それともビッグなサプライズが待っているのか?なんとなくでもいいので個人個人で予想をしてみるとアカデミー賞がもっと楽しく感じられるかもしれませんよ?