読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の感想置き場

映画、アニメを中心に感想や想いを綴っていきます

【2015年ベストテン&ワーストテン企画】2015年アニメワーストテン

2015年ベストテン&ワーストテン企画第5弾は2015年アニメワーストテンです。一応これで企画は最後となります。映画ワーストテンのときにも同じこと書きましたが、アニメを見ていて面白かった作品もあればつまらない作品もある…そんな作品をぶちまけてしまおうという企画です。どうしても文句ばかりになってしまいますが温かい目でお読みください。あくまで僕個人のワーストであってアニメ好きの総意とかではないですからね!

 

まず今回のワーストテンのレギュレーションについてですが、もちろん2015年アニメベストテンと同じです。この条件を満たしたアニメでワーストテンを決めたいと思います。

  • 2015年1月から12月までに放映されたTVアニメ
  • 2クールアニメは2015年以内に終了したものならば含めることができる(例:2014年秋クールに放映がスタートし、2015年冬クールで終了したアニメ)
  • 2015年内に終了しなかった2クールアニメは来年度の選考に持ち越しとする
  • 分割2クールアニメは2015年内に放映された分のみ選考対象とする
  • 途中で切ってしまったアニメ、そもそも鑑賞していないアニメはもちろん選考対象外

 

ちなみに今回は72本のアニメがエントリー対象作品となりました。それでは第10位から発表していきたいと思います。

 

 

第10位:パンチライン

www.youtube.com

ゲーム攻略感覚で進むストーリーや表情豊かで個性的なキャラクター、音楽に小室哲也を起用するなどフレッシュなオリジナルアニメを作ろうとする志の高さはすごく感じるし褒める所もあるのだがどうも盛り上がらない。ぶっ飛んだ設定やエロも展開の驚きも理詰めで作られたストーリーの伏線回収のために犠牲になってしまっている気がするのだ。もっとぶっ飛んだ驚きを期待していたのだが…なんか求めていたものと違った。

 

第9位:学園都市アスタリスク

www.youtube.com

テンプレラノベアニメと揶揄されていた本作だが自分はそのテンプレに忠実な姿勢は悪くないと思う。ただ問題はそのテンプレが幼稚に見え、主人公のかっこよさを邪魔しているように感じる所だ。でも今作はしっかりと中身もあってそこまで嫌悪感も抱かない塩梅なのでまだマシな方だが、マシであるが故に乱発されているそこら辺にある深夜アニメと何が違うのか全く分からない…無個性なのもどうかと思う。

 

第8位:艦隊これくしょん -艦これ-

www.youtube.com

自分は元のブラウザゲーはやったことないが女の子達のデザインなどなかなかクオリティが高そうなので期待していたのだが…女の子達のキャッキャウフフを見せたいのか戦記物をやりたいのかが定まっていない。とあるキャラクターの死を描いた次の話がギャグ回というのは視聴者にどういう心境でいてほしいのか全く分からない。主人公吹雪の成長物語としてもグズグズだし…何がしたかったんだろうか。 

 

第7位:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

www.youtube.com

今作については例の紐こと女神ヘスティア様のナイスバディな体とコスチュームが話題になったが、肝心の物語はぬるく、鈍重でイライラする。例えばヘスティアが持ってきた剣を危機的状況の主人公に渡すだけの場面をダラダラと描き、しかも別に丁寧に描かれている訳でもない。そして残ったのは主人公を甘やかす中身のないぬるい物語とナイスバディな女神様だけだった。

 

第6位:ケイオスドラゴン 赤竜戦役

www.youtube.com

赤き竜を巡って三つの国が策略を巡らしながら戦っていくスケールの大きい話だったのだが…その壮大な世界観や設定は詰め込み過ぎて何が何やらで語り方もそこまで上手ではない。また話のフックとなるのは主要登場人物の誰が死ぬのかと受け身な主人公が悶々と悩むだけであまり心惹かれるものがなかった。一番印象に残っているのはいちいち生贄を要求してくる赤き竜の呪いの燃費の悪さぐらい?

 

第5位:落第騎士の英雄譚

www.youtube.com

終始王道の熱血アニメとしてハイクオリティなバトルシーンなど挑戦的な作品だとは感じたが、ヒロインが主人公にスケベなことさせるためだけの中身のないバカでしかなく終始イライラさせる。しかも主人公とカップルになるまでの葛藤もなくイチャイチャを見せつけれられる…こんなバカップルを応援する気に全くならない。個人的に今年最低のヒロインだ。過激なエロやテンプレぶりも幼稚で見ていられなかった。

 

第4位:ランス・アンド・マスクス

www.youtube.com

現代日本で騎士として活躍するという荒唐無稽な設定を受け入れてもらうためにはしっかりとキャラクターに共感させるような脚本が必須だと思うのだが、結局荒唐無稽であることに開き直ってツッコミどころ満載をネタにして強引に話を進めてしまったがために、終始どうでもよくて都合のよい話を見せつけられて退屈だった。またキャラクターデザインも全く可愛らしくない…。

 

第3位:俺がお嬢様学園に「庶民サンプル」としてゲッツされた件

www.youtube.com

まず全てのギャグが不快に感じるかスベッているかのどちらかで救いようがない。「お嬢様=世間知らず」という前提のネタ自体はいいのだが、信号機も分からないようなバカみたいな描き方をしていてすごく不快だし、お嬢様と庶民のギャップが生きる場面に乏しい。その他のネタも見るに堪えないものばかり、キャラクターもイライラする奴ばかり、描き込みも大したことない…なんというか安直過ぎる。

 

第2位:乱歩奇譚

www.youtube.com

江戸川乱歩作品をアニメで現代に蘇らせると聞いてとても期待していたのだがミステリーとしての面白さはほぼなく、現代的な病理やアケチとナミコシの因縁は薄っぺら、民衆の不満を煽る怪人二十面相騒動はナミコシの数式によるものという説得力のない原因で興醒め。また女の子っぽいキャラデザのコバヤシにいちいち頬を赤らめるハシバのというBLっぽい描き方もあざとくて不快だった。そこは自然に想像させてくれよ…。

 

第1位:コメット・ルシファー

www.youtube.com

今作は謎の少女と出会って冒険する話なのだが、だらだらと謎の女の子との日常を描いて、やっと冒険ものっぽくなったと思ったら唐突にキャラクターは死に、主人公はあっけなくその葛藤を乗り越え、ロボットは勝手に進化し、主人公が何もせずともロボットや仲間が頑張って解決…キャラクター、脚本、設定全てが薄っぺらで退屈。オリジナルアニメの特権である未知の物語への期待が一切感じられないアニメだった。

 

 

…というわけでワーストテンはこのようになりました。

 

  1. コメット・ルシファー
  2. 乱歩奇譚
  3. 俺がお嬢様学園に「庶民サンプル」としてゲッツされた件
  4. ランス・アンド・マスクス
  5. 落第騎士の英雄譚
  6. ケイオスドラゴン 赤竜戦役
  7. ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  8. 艦隊これくしょん -艦これ-
  9. 学園都市アスタリスク
  10. パンチライン

 

うん、まぁなんというか…ラノベ系アニメとはどうにも相性が悪いようです。でも面白いと思える作品もあるので一応見るようにしているのですが、なかなか良い作品を引き当てられない。 単純に今のラノベの流行りに追いつけてないだけなのかもしれないけど。あと個人的にノイタミナ枠が不発だったかな…独特なチョイスや挑戦をしている枠なので不発な時もあるかなとは思うがやはり面白いものが見たいなぁなんて…。

 

ちなみに本来ならば選外になったワースト候補作をここで紹介するのですがアニメに関してはありません。この10本ですぐワーストテンが決まってしまったのが理由です。というわけでやっと2015年の振り返りであるベストテン&ワーストテン企画は全て終了です。さて2016年はどんな作品に出会えるでしょうか?楽しみですね。