読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の感想置き場

映画、アニメを中心に感想や想いを綴っていきます

【2016年ベストテン&ワーストテン企画】2016年映画ワーストテン

2016年ベストテン&ワーストテン企画第2弾は2016年映画ワーストテンです。面白い作品もあればつまらない作品もある…そんな作品達をここでぶちまけてしまおうというわけです。まぁここからは文句ばかりになってしまいそうですが温かい目でお読みください。

 

まず今回のワーストテンの条件についてですが、もちろん2016年映画ベストテンと同じです。この条件を満たした映画でワーストテン決めたいと思います。

 

  • 2016年1月から2016年12月に劇場公開された映画
  • 2016年1月から2016年12月に発売されたディスクスルー映画
  • 2016年1月から2016年にNetflixで配信されたNetflix制作のオリジナル映画

 

当たり前ですがこのレギュレーションを満たしていても僕が鑑賞していない作品は選考対象外です。また劇場での鑑賞、レンタルDVDでの鑑賞など鑑賞方法は限定しません。今回は82本がエントリー対象作品となりました。

 

それでは第10位から発表していきたいと思います。

 

 

第10位:バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生

www.youtube.com

バットマンとスーパーマンが激突する…この夢のような映画に自分も目を釘付けにし、唸るほどの屈指の名場面も誕生した。だが丁寧にアメコミ映画サーガを作り上げてきたマーベル作品と比べるとどうだろうか?話は描写不足で意味不明、話の腰を折ってまで「ジャスティス・リーグ」への布石を打つことばかりに注力し続ける。これではいくら迫力ある映像や次回への布石を見せても全く心に響かない…ワーナーよ、お願いだからもっと丁寧にシリーズを進めてくれ。

 

 

第9位:キング・オブ・エジプト

www.youtube.com

どこかで見たような手垢のついた設定やビジュアル、ハリウッドとは思えないほどのしょぼいCG合成など2016年のメジャー映画とは思えないほどのお粗末さで、主人公ポジションであるブレントン・スウェイツの大根ぶりも大概酷い。だがそれよりも酷いのは玉森裕太永野芽郁の棒読み吹き替えだ。周囲のキャストが大御所の声優陣であるがために余計にその陳腐な演技が鼻につく。今作でよかった所はマルコ・ベルトラミの豪華なスコアと超合神を名乗る暴君を演じるジェラルド・バトラーぐらいだ。

 

 

第8位:高台家の人々 

www.youtube.com

前半は原作の持つ可笑しな妄想を覗き見してしまうようなクスッとした笑いを上手に映像化できていたし、綾瀬はるか斉藤工のアンサンブルもとても魅力的だった。だが映画オリジナルのシリアスな展開にシフトした瞬間、ジメジメと湿っぽい話を語りだす。コメディ要素一切なしで延々とされるシリアス展開は鈍重で見るに堪えないどころか原作の魅力を殺していると言っていい。葛藤な悩みを描くこと自体は悪くないが、コメディの領分を忘れるなんて言語道断である。

 

 

第7位:グッドモーニングショー

www.youtube.com

最後まで話し合われる番組構成、原稿の下読み、目まぐるしく変わる特集内容…ワイドショーの裏側を軽快に見せていく冒頭はとても興味深くて面白い。だが結局描かれるのは君塚良一の上から目線による偏見の押し付けだ。ワイドショーの低俗さを大衆に擦り付け、若者に対しては「俺たち大人も我慢しているんだから我慢しろ」とふざけた説教をかます傲慢ぶりはさすが君塚良一である。また長澤まさみ演じるカマトト女のキャラ付けにもイラついた。

 

 

第6位:インデペンデンス・デイ: リサージェンス

www.youtube.com

今作も「キング・オブ・エジプト」と同様に2016年のメジャー映画とは思えないほどのお粗末な映画だ。確かに前より巨大になったUFOやエメリッヒお得意の大ディザスターシーンは迫力があるが、前作以上に行き当たりばったりで、前作のような盛り上がりも一切なく、描かれる内容は前作以上に能天気で目も当てられない。エメリッヒよ、成長してくれ。ただマイカ・モンローという女優の存在を知ることが出来たこと、イキイキとしたモンスター描写を見せてくれたことは褒めておく。

 

 

第5位:テラフォーマーズ

www.youtube.com

今作は「ガッチャマン」や「デビルマン」のようなめちゃくちゃな作品ではない。ストーリーも普通に面白いし、冒頭のブレードランナー的世界観も好きだ。だが全くかっこよくないアクションや演技からはまるでコスプレ劇を見ているかのようで、クリーチャーの造型もハリボテにしか見えない。あれだけ美術にこだわりのある三池崇史作品でここまでショボさを感じることが悲しい。もしこの調子で「ジョジョの奇妙な冒険」を撮ろうとしているのならば、来年のワーストテンの一枠は確定したも同然だ。

 

 

第4位:四月は君の嘘

www.youtube.com

漫画原作、テレビ局と東宝のタッグ、広瀬すず出演など「ちはやふる」と共通点の多い今作。だが原作の理解度、演出力、役者陣の魅力において天と地ほどの差が空いている。ヒロインとの悲しい恋愛にだけ焦点を当てた作りや、全く一体感のない役者の演奏と音楽、華のないもっさりとした演技、映画というよりテレビドラマを見ているような映像などことごとく「ちはやふる」に劣っている凡庸な邦画だ。今すぐ「ちはやふる」のスタッフで前後編として作り直すべきだ。

 

 

第3位:真田十勇士

www.youtube.com

今年も堤幸彦による腐った映画が登場した。といっても感想は「全てがショボい」の一言で済むのだが、ここで堤幸彦の映画監督としてのスタンスがよく出ている冒頭を紹介したい。今作の冒頭は真田十勇士の結成をなぜかアニメでダラダラと長い尺を使って描き、ご丁寧に「今作はアニメ映画ではありません、もう少しお付き合いください」というテロップを入れて笑わせようとするのだ。この冒頭ではっきりと「わたくし、堤幸彦は映画を舐めています」と宣言しているのが分かるのではないだろうか?

 

 

第2位:デスノート Light up the NEW world

www.youtube.com

デスノートの代名詞である頭脳戦が皆無、破綻した脚本、話のスケールが小さい、キャラクターの無駄遣い、世界観をぶち壊してしまうような後付け設定の数々…一体誰がこんなデスノートの続編を望んだのだろうか?そしてエンドロール後の映像で観客は脱力するか怒り狂うかのどちらかを強制的に選択させられる。結果、この映画が提供してくれたのは映画の面白さやデスノートの魅力ではなく、朝の芸能ニュースの話題だけであった。もうこういう話題だけの映画もどきを作るのをやめてくれ。

 

 

第1位:僕だけがいない街

www.youtube.com

この映画を一言で説明するなら「テレビドラマみたい」である。寒さや暗さを一切感じさせない作り物のような映像が垂れ流され、犯人の正体が肝ではないにも関わらずミステリーの基本である情報の出し方も下手、改変部分は原作の都合のよさを際立たせる。終盤で犯人と直接対面するシーンなんて2時間サスペンス以下のダサさだ。モノローグを極力排した作りなど健闘しているのにも関わらずテレビドラマに見えてしまうあたり、監督の演出力不足が如実に出ているのではないだろうか。

 

 

…というわけでワーストテンはこのようになりました。

  1. 僕だけがいない街
  2. デスノート Light up the NEW world
  3. 真田十勇士
  4. 四月は君の嘘
  5. テラフォーマーズ
  6. インデペンデンス・デイ: リサージェンス
  7. グッドモーニングショー
  8. 高台家の人々
  9. キング・オブ・エジプト
  10. バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生

 

ちなみワーストに入れようかなと思った作品は以下の作品です。

 

2016年映画ベストテンでは「邦画がすごい」なんて書きましたが、やはりワーストの大半を占めるのは邦画でした。せっかく素晴らしい邦画が誕生しても、ゴロゴロとこういった作品が出てくるようでは、観客からの信頼を得るのは難しいのではないでしょうか?堤幸彦君塚良一など邦画の負の一面を築き上げてきた人達の映画がこぞってコテンパンにされていることだけが救いです。

 

そして今回のワーストテンで特徴的なのはワーナーブラザーズ制作の邦画が3作品もランクインしていることだと思います。話題ありき、中身はすっからかんな映画を量産するのはやめてほしいものです。でも来年のラインナップを見る限り続きそうな予感…

 

洋画に関しては2016年映画ベストテンでも書いた通り勢いがなかったですね。その中でもつまらなかった作品やこれどうなの?って映画を入れました。バットマン VS スーパーマンは面白い作品ですけど、これからああいう雑なクオリティでシリーズが作られるのは嫌だなという意味でベストテンに入れました。

 

というわけで2016年映画ワーストテンはここまでです。来年もまたよろしくお願いします!