読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の感想置き場

映画、アニメを中心に感想や想いを綴っていきます

第89回アカデミー賞ノミネーション予想

アカデミー賞 映画雑談

f:id:marion_eigazuke:20170124000855p:plain

 

いよいよ1月24日、映画の祭典とも呼ばれる第89回アカデミー賞のノミネーション発表が行われます。そこで今回も去年と同様、アカデミー賞のノミネーションと受賞予想を書いていこうと思います。まずはノミネーションの予想です。受賞予想は授賞式直前にしたいと思います。今回ノミネーション予想する部門は作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞助演女優賞の主要6部門、そして長編アニメ映画賞、作曲賞です。作曲賞は自分がスコアサントラ好きなのでいつも予想する部門の中に入れてます。

 

自分の好みなんかも入っているので当てにならない予想ですが、参考になれば嬉しいです。それではまず作品賞から!

 

 

作品賞

次点:フェンス、ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命、ラビング 愛という名前のふたり、20センチュリー・ウーマン、Nocturnal Animals、ハドソン川の奇跡デッドプール

 

今年も例年通り9本で予想を立ててみた。いい加減曖昧な本数規定じゃなくてきっちり本数を決めて欲しいなぁ…。さてここまでの前哨戦では「マンチェスター・バイ・ザ・シー」、「ムーンライト」、「ラ・ラ・ランド」の三つ巴の戦いになっている。まずこの3作品は確実にノミネートされるだろう。

 

残りの枠はアメリカ製作者組合賞のノミネーションを参考にしつつ決めてみた。まず批評家賞で善戦している「メッセージ」と「最後の追跡」を予想に入れ、現在大ヒット中の「Hidden Figures」が昨年問題になった「ホワイトオスカー問題」の恩恵を受け他の黒人映画を押しのけてノミネートされると予想。他にも今回唯一の戦争映画である「ハクソー・リッジ」、強力なキャンペーンを行うワインスタイン・カンパニーが猛プッシュしている「LION/ライオン 25年目のただいま」が来るのではと予想してみた。

 

そして最後に「沈黙 -サイレンス-」を予想に入れたが、アカデミー賞会員へのスクリーニングが遅れたため、前哨戦では全く活躍できていない上に、劇場公開でもコケているためかなり厳しいのが現状だ。だが仮にもマーティン・スコセッシ作品である。ノミネートされてもおかしくはないはずだ。自分も劇場に見に行ったが、ノミネートされるだけのパワーはあると感じた。

 

そういえばアメリカ製作者組合賞のノミネーションを見てみるとなんと「デッドプール」がノミネートされている。もしかしたらアカデミー賞でも…?もしノミネートされたらきっと面白いことになるだろうが果たして?

 

監督賞

次点:デヴィッド・マッケンジー最後の追跡)、メル・ギブソン(ハクソー・リッジ)、デンゼル・ワシントン(フェンス)、トム・フォード(Nocturnal Animals)、パブロ・ラライン(ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命)、ガース・デイヴィス(LION/ライオン 25年目のただいま)、クリント・イーストウッドハドソン川の奇跡

 

監督賞は作品賞のノミネーション予想と直結している作品を監督している人で、尚且つアメリカ監督組合賞にノミネートされたケネス・ロナーガン、バリー・ジェンキンスデミアン・チャゼルは確実だろう。特にこの3人は前述した通り、前哨戦で三つ巴の戦いを繰り広げている作品の監督である…落ちることはないだろう。条件を満たしているという意味ではドゥニ・ヴィルヌーヴとガース・デイヴィスもノミネートされそうだが、後者はあまり前哨戦で勝てていないし知名度も低い。作品評価の高さと知名度の高さからドゥニ・ヴィルヌーヴはノミネートされるとして、残り1枠は誰をノミネートさせるか?そうなった時にマーティン・スコセッシが滑り込むのではないか予想する。知名度で言えばデンゼル・ワシントンメル・ギブソンも怪しいが…特にメル・ギブソンがノミネートされればとてもドラマチックなカムバックとなるだろう。

 

主演男優賞

次点:ジョエル・エドガートン(ラビング 愛という名前のふたり)、トム・ハンクスハドソン川の奇跡

 

主演男優賞は去年のアカデミー賞と同様、あまり強力な候補がいない。よって現在ぶっちぎりで独走しているケイシー・アフレック、作品パワー+知名度のあるライアン・ゴズリングデンゼル・ワシントン、「沈黙 -サイレンス-」との合わせ技で「Hacksaw Ridge」のアンドリュー・ガーフィールドがくると予想。そして最後の1枠には昨年のブライアン・クランストンを連想させるような不気味な存在として賞レースをかき乱すヴィコ・モーテンセンが来ると予想。

 

主演女優賞

次点:イザベル・ユペール(Elle)、ルース・ネッガ(ラビング 愛という名前のふたり)、タラジ・P・ヘンソン(Hidden Figures)

 

一方、主演女優賞はかなり激しい戦いを見せている。前哨戦で火花を散らすナタリー・ポートマンエマ・ストーン、一歩後方で出方を伺うエイミー・アダムスは確実にノミネートされると予想。残り2枠はゴールデングローブ賞を受賞したイザベル・ユペールやホワイトオスカーへの意識含め素晴らしい演技をしていると話題のルース・ネッガもありだと思うが、ここはアネット・ベニングメリル・ストリープの大ベテランを入れてみた。特にメリル・ストリープはシード枠みたいになっているのである意味確実と見てもいいかもしれない?

 

助演男優賞

次点:アーロン・テイラー=ジョンソン(Nocturnal Animals)、ヒュー・グラント(マダム・フローレンス 夢見るふたり)、ベン・フォスター最後の追跡)、マイケル・シャノン(Nocturnal Animals)

 

まず前哨戦の結果からマハーシャラ・アリとジェフ・ブリッジスは確実にノミネートされるはずだ。残り3枠は誰が入ってもおかしくないがNocturnal Animals組と、ベン・フォスターはそれぞれ票割れを起こす可能性がある。ヒュー・グラントもサイモン・ヘルバーグとの票割れ&メリル・ストリープへ票が集中する可能性がある。そこで協力キャンペーンの恩恵を受けそうなデヴ・パテルと作品パワーのあるルーカス・ヘッジズを予想に入れた。ただ後者はまだまだ若手であることを考えるとノミネートされない可能性も…。そして最後はイッセー尾形を予想に入れた。前哨戦では目立っていないものの、この賞に相応しい名演技を披露している。もしかしたらありえるのでは?

 

助演女優賞

次点:グレタ・ガーウィグ(20センチュリー・ウーマン)、リリー・グラッドストーン(Certain Women)

 

助演女優賞ヴィオラ・デイヴィスが前哨戦で無類の強さを見せつけている。そこに作品パワーのあるナオミ・ハリスミシェル・ウィリアムズが追撃しようとしているといった構図だ。この3人は確実にノミネートされるだろう。残り2枠は安定性とスター性のあるオクタヴィア・スペンサーニコール・キッドマンがノミネートされると予想。ただグレタ・ガーウィグもリリー・グラッドストーンのノミネートもかなりありえそうではある…。

 

長編アニメ映画賞

  • ズートピア
  • Kubo and the Two Strings
  • レッド・タートル ある島の物語
  • モアナと伝説の海
  • SING シング

次点:ファインディング・ドリー、Trolls、ソーセージ・パーティー、My Life as a Zucchini、百日紅 Miss HOKUSAI

 

前哨戦では「ズートピア」と「Kubo and the Two Strings」の戦いとなっているのでこの2作は確実であろう。そしてディズニーは「ファインディング・ドリー」と「モアナと伝説の海」もノミネート候補である。この部門に関しては続編作品というネックはあまり関係ないものの、この3作の中では流石に弱い…よって「モアナと伝説の海」を予想に入れた。残り2枠はノリに乗ってるイルミネーションスタジオから「SING シング」、海外作品からは「レッド・タートル ある島の物語」を予想に入れた。ただもし「SING シング」の枠にもう1本海外作品がノミネートされることになると恐らく「My Life as a Zucchini」か「百日紅 Miss HOKUSAI」のどちらかだろう。ちなみに期待している人も多いであろう「君の名は。」だが、ノミネートされることはまずないだろう(新海ファンとしてノミネートされたら嬉しいが…)。個人的にはソーセージ・パーティーが入ってほしいが…。

 

作曲賞

次点:アレクサンドル・デスプラ(マダム・フローレンス 夢見るふたり)、ルパート・グレックソン=ウィリアムズ(Hacksaw Ridge)、トーマス・ニューマンパッセンジャー)、マイケル・ジアッキーノ(ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー)ハウシュカ&ダスティン・オハロラン(LION/ライオン 25年目のただいま)、アベル・コジェニオウスキ(Nocturnal Animals)

 

作曲賞はジャスティン・ハーウィッツ、ミカ・レヴィあたりが前哨戦で目立っているため、この2人はノミネートされるであろうと予想。また会員から人気の高い+作品評価を考えてヨハン・ヨハンソンもノミネートされるであろう。そして巨匠であるジョン・ウィリアムズも忘れてはいけない。作品自体はそこまでヒットしなかったものの、彼のネームバリューならきっとノミネートされるはず。残り1枠は作品パワーからニコラス・ブリテルが入ってくると予想。

 

 

…というわけで自分はこのように予想してみました。さぁ実際のノミネーションでは予想通りになるのか?それともビッグなサプライズが待っているのか?まだ日本で公開されていない作品ばかりですが、予想しながら見てみると作品への期待度も上がって楽しいと思いますので皆さんも予想してみてはいかがでしょうか?