読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の感想置き場

映画、アニメを中心に感想や想いを綴っていきます

第88回アカデミー賞受賞予想

f:id:marion_eigazuke:20160115030225p:plain

 

いよいよアカデミー賞授賞式まで1週間を切りました。映画ファンにとって豪華絢爛な授賞式や結果が楽しみで楽しみで仕方がない時期ですね。そこで宣言していた通り、時には前哨戦の結果を参考にしつつ、時には個人的願望を尊重しながら全部門予想してみたいと思います。それではまず作品賞からスタート!

 

 

作品賞

予想:マッドマックス 怒りのデス・ロード

次点:レヴェナント 蘇りし者

 

今年のアカデミー賞を占う前哨戦だが、アメリカ製作者組合賞では「マネー・ショート」、英国アカデミー賞やアメリカ監督組合賞では「レヴェナント」、アメリカ映画俳優組合賞のキャスト賞などの組合賞では「スポットライト」と結果がバラバラで予想が難しい。この時点で「ブリッジ・オブ・スパイ」、「ブルックリン」、「ルーム」の受賞の可能性は消えた。ただ「スポットライト」は少々勢いに陰りがあるように見える。「マネー・ショート」も盛り上がりはあるが、「レヴェナント」は更に盛り上がっているように感じる。よって予想は「レヴェナント」…と言いたいところだが、2年連続同じ監督の作品が受賞するのかというと思うとちょっとつまらない。ここは敢えて個人的に一番受賞して欲しい「マッドマックス」と予想してみる。ただアカデミー会員がアクション大作を選ぶのかというとかなり疑問ではあるが果たして?

 

 

監督賞

予想:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(レヴェナント 蘇りし者)

次点:ジョージ・ミラーマッドマックス 怒りのデス・ロード

 

まず知名度問題で「ルーム」のレニー・アブラハムソンの受賞はないと思う。そして残念ながら作品の勢いが落ち着きつつある「スポットライト」のトーマス・マッカーシーも受賞はなさそうと見る。また「マネー・ショート」のアダム・マッケイもコメディ畑出身監督というのがネックとなりそう。よって「マッドマックス」のジョージ・ミラーか「レヴェナント」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥのどちらかだが、ここは監督賞を占う上で重要な賞であるアメリカ監督組合賞を受賞し、2年連続監督賞受賞が期待されているアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥと予想する。個人的にはジョージ・ミラーを推したいところだが…。

 

 

主演男優賞

予想:レオナルド・ディカプリオ(レヴェナント 蘇りし者)

次点:ブライアン・クランストン(トランボ ハリウッドに最も嫌われた男)

 

作品賞にノミネートされず、去年受賞したばかりなので敬遠されそうな「リリーのすべて」のエディ・レッドメイン、興行的失敗が響いたためか該当作品が作品賞にノミネートされなかった「スティーブ・ジョブズ」のマイケル・ファスベンダー、監督賞にリドリー・スコットがノミネートされず自身も前哨戦で目立てなかった「オデッセイ」のマット・デイモン…今年の主演男優賞はどの候補者もイマイチ勢いに欠けている。そんな中でアメリカ映画俳優組合賞をはじめとした各賞を根こそぎ受賞していったのが「レヴェナント」のレオナルド・ディカプリオだ。そう、何度もノミネートされながらも受賞することができなかった彼にとって今年ほど受賞に近い年はないのである。このチャンスは生かしたいし、世界中の映画ファンも彼の受賞を望んでいるはずだ。よってここはレオナルド・ディカプリオと予想する。ただサプライズ受賞を狙って不気味に構えている「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のブライアン・クランストンには注意したい。

 

 

主演女優賞

予想:ブリー・ラーソン(ルーム)

次点:シャーロット・ランブリング(さざなみ)

 

主演女優賞はブロードキャスト映画批評家協会賞などの重傷な賞を受賞している「ルーム」のブリー・ラーソンによる独走状態に入っている。ライバルと目された「ブルックリン」のシアーシャ・ローナンもこれには敵わない。「ジョイ」のジェニファー・ローレンスもスターパワーはあるが作品がノミネートされていないし、「キャロル」のケイト・ブランシェットは既に受賞経験があるために敬遠されてしまうだろう。よってここはブリー・ラーソンと予想する。ただ70歳にして初ノミネートである「さざなみ」のシャーロット・ランブリングの功績を称えたい会員も一定数いるはずだ。シアーシャ・ローナンとの票割れが起こると一気に形勢逆転してしまうだろう。

 

 

助演男優賞

予想:シルヴェスター・スタローンクリード チャンプを継ぐ男

次点:マーク・ライランス(ブリッジ・オブ・スパイ

 

ここは前哨戦の結果よりも個人的願望を尊重したい。助演男優賞はノミネーション考察でも書いたように「クリード」のシルヴェスター・スタローンと予想する。長年ハリウッドに君臨し続け、時にはバカにされながらも映画史に残る名キャラクターを生み出した彼を称える瞬間は今年しかない!ただマーク・ライランスの素晴らしさも忘れられない。現にスタローンと同じぐらい前哨戦を勝ち続けている。マーク・ライランスが受賞しても全然おかしくない。他の方々は残念ながら二人の引き立て役ということで…

 

 

助演女優賞

予想:アリシア・ヴィキャンデルリリーのすべて

次点:ルーニー・マーラ(キャロル)

 

今年の俳優部門で地味に予想が難しいのは多分ここだと思う。だがその中でも頭一つ飛び抜けているのは「リリーのすべて」のアリシア・ヴィキャンデルだ。前哨戦での勢いや初めて性転換手術を受けた男性の妻という役柄も好印象で、しかもカルト的人気となったもののノミネートされなかった「エクス・マキナ」との合わせ技も使えて盤石だ。よって助演女優賞アリシア・ヴィキャンデルを予想する。ただ他の候補者も負けてはいない。「キャロル」のルーニー・マーラは多くの批評家賞を受賞しているし、「ヘイトフル・エイト」のジェニファー・ジェイソン・リーは長いキャリアを持ちながらも初ノミネートで久々のカムバックスターとして異彩を放つ。また「スティーブ・ジョブズ」のケイト・ウィンスレットゴールデングローブ賞での受賞以来、勢いを増してきているし、「スポットライト」のレイチェル・マクアダムスもキャスト陣の紅一点としての強みをアピールしている。さて勝ち上がるのは誰だ?

 

 

脚本賞

予想:トーマス・マッカーシー、ジョシュ・シンガー(スポットライト 世紀のスクープ

次点:ジョナサン・ハーマン、アンドレア・バーロフ(ストレイト・アウタ・コンプトン)

 

もしノミネーションに「スティーブ・ジョブズ」のアーロン・ソーキンや「ヘイトフル・エイト」のクエンティン・タランティーノがいたならば、脚本賞の予想はかなり難しくなった可能性があっただろう。ここは前哨戦で無類の強さを発揮した「スポットライト」のトーマス・マッカーシー、ジョシュ・シンガーと予想する。ただ固定ファンやカルトファンが多そうな「ストレイト・アウタ・コンプトン」のジョナサン・ハーマン、アンドレア・バーロフ、「エクス・マキナ」のアレックス・ガーランドがかっさらう可能性も無きにしも非ず…?

 

 

脚色賞

予想:アダム・マッケイ、チャールズ・ランドルフマネー・ショート 華麗なる大逆転

次点:エマ・ドナヒュー(ルーム)

 

脚色賞は「ブルックリン」のニック・ホーンビィ以外は意外と横一線な印象を受ける。批評家から絶大な支持を得た「キャロル」のフィリス・ナジーやサンダンス映画祭からの刺客である「ルーム」のエマ・ドナヒュー、科学考証が命である原作をきちんと映画的に描き切った「オデッセイ」のドリュー・ゴダードなどどの作品も手ごわい。ここはアメリカ脚本家組合賞を受賞し、作品の勢いがある「マネー・ショート」のアダム・マッケイ、チャールズ・ランドルフと予想する。

 

 

長編アニメ映画賞 

予想:インサイド・ヘッド

次点:アノマリサ

 

長編アニメ賞は前哨戦でほぼ負けなしで「アーロと少年」との票割れの可能性が無くなった「インサイド・ヘッド」が確実に獲るだろう。ライバルである「アノマリサ」も強いが子供向けではないことを考えると「インサイド・ヘッド」に勝つのは難しいだろう。「思い出のマーニー」。「ひつじのショーン」、「父を探して」はノミネートこそが勝利である。

 

 

短編アニメ映画賞

予想:明日の世界

次点:Sanjay's Super Team

 

短編アニメ映画に関してはあまり内容を理解していないのだが、前哨戦での受賞が多かった「明日の世界」を予想に入れた。ライバルは「アーロと少年」との同時上映だった「Sanjay's Super Team」だと思う。知名度ならばどの候補よりもあるはずだ。

 

 

撮影賞

予想:エマニュエル・ルベツキ(レヴェナント 蘇りし者)

次点:ジョン・シールマッドマックス 怒りのデス・ロード

 

撮影賞は3年連続受賞の記録がかかっている「レヴェナント」のエマニュエル・ルベツキが今年も受賞するだろうと予想する。アメリカ撮影監督組合賞を受賞し、その他の前哨戦でも勢いがあったのでアカデミー賞でもそれは揺るがないだろう。ライバルはやはり「マッドマックス」のジョン・シールと「キャロル」のエドワード・ラックマンだ。よって「ボーダーライン」のロジャー・ディーキンスは今年も受賞を逃すだろう。「ヘイトフル・エイト」のロバート・リチャードソンも今回は分が悪い

 

 

編集賞

予想:マーガレット・シクセル(マッドマックス 怒りのデス・ロード

次点:ハンク・コーウィン(マネー・ショート 華麗なる大逆転

 

編集賞も前哨戦の結果からアメリカ編集監督組合賞のドラマ部門を受賞した「マッドマックス」のマーガレット・シクセルと予想する。次点にはアメリカ編集監督組合賞のコメディ部門を受賞した「マネー・ショート」のハンク・コーウィンにした。

 

 

美術賞

予想:コリン・ギブソン、リサ・トンプソン(マッドマックス 怒りのデス・ロード

次点:ジャック・フィスク、ハミッシュ・パーディ(レヴェナント 蘇りし者)

 

ノミネーション考察のときから「マッドマックス」と「レヴェナント」の一騎打ちだと予想していたが、今でもその流れは変わらない。前哨戦の結果も考慮した結果、「マッドマックス」のコリン・ギブソン、リサ・トンプソンが受賞すると予想した。

 

 

衣装デザイン賞

予想:ジェニー・ビーヴァン(マッドマックス 怒りのデス・ロード

次点:ジャクリーン・ウエスト(レヴェナント 蘇りし者)

 

衣装デザイン賞もノミネーション予想のときから「マッドマックス」と「レヴェナント」の一騎打ちだと予想していたが、やはりその流れは変わらない。前哨戦の結果も考慮した結果、「マッドマックス」のジェニー・ビーヴァンが受賞すると予想した。時代物が強いイメージがあるが「マッドマックス」の勢いには敵わないだろう。

 

 

メイクアップ&ヘアスタイリング賞

予想:レスリー・ヴァンダーウォルト、エルカ・ウォーデガ、ダミアン・マーティン(マッドマックス 怒りのデス・ロード

次点:シアン・グリッグ、ダンカン・ジャーマン、ロバート・パンディーニ(レヴェナント 蘇りし者)

 

まず「100歳の華麗なる冒険」のラヴ・ラーソン、エヴァ・フォン・バールは作品の知名度不足が問題となっているため、ここも「マッドマックス」VS「レヴェナント」の戦いとなるだろう。前哨戦の結果を考慮した結果、アメリカメイキャップアーティスト/ヘアスタイリスト組合賞を受賞した「マッドマックス」のレスリー・ヴァンダーウォルト、エルカ・ウォーデガ、ダミアン・マーティンが受賞すると予想した。

 

 

視覚効果賞

予想:アンドリュー・ジャクソン、トム・ウッド、ダン・オリヴァー、アンディ・ウィリアムスマッドマックス 怒りのデス・ロード

次点:ロジャー・ガイエット、パトリック・タバック、ニール・スキャンラン、クリス・コーボールド(スター・ウォーズ フォースの覚醒)

 

前哨戦の結果を見てみるとやはりここも「マッドマックス」が強い。よって「マッドマックス」のアンドリュー・ジャクソン、トム・ウッド、ダン・オリヴァー、アンディ・ウィリアムスが受賞すると予想する。次点には「スター・ウォーズ」のロジャー・ガイエット、パトリック・タバック、ニール・スキャンラン、クリス・コーボールドを選んでみた。きっと「スター・ウォーズ」が目立つことができる賞はこの賞しかないだろう。

 

 

録音賞

予想:ジョン・テイラー、フランク・A・モンターノ、ランディ・トム、クリス・デュースターディーク(レヴェナント 蘇りし者)

次点:クリス・ジェンキンス、グレッグ・ラドロフ、ベン・オスモ(マッドマックス 怒りのデス・ロード

 

録音賞も「マッドマックス」と「レヴェナント」の戦いとなるだろう。ここはアメリカ録音監督組合賞を受賞した「レヴェナント」のジョン・テイラー、フランク・A・モンターノ、ランディ・トム、クリス・デュースターディークと予想する。

 

 

音響編集賞

予想:オリヴァー・ターニー(オデッセイ)

次点:マーク・マンジーニ、デヴィッド・ホワイト(マッドマックス 怒りのデス・ロード

 

音響効果賞はSFや銃撃戦などが描かれる戦争ものが強いイメージがある。そこで作品賞にノミネートされている「マッドマックス」と「オデッセイ」の一騎打ちとなるのではないかと予想する。ここは「マッドマックス」のマーク・マンシーニ、デヴィッド・ホワイトと言いたいが、敢えて「オデッセイ」のオリヴァー・ターニーに予想して花を添えたい。

 

 

作曲賞

予想:エンニオ・モリコーネヘイトフル・エイト

次点:ジョン・ウィリアムズスター・ウォーズ フォースの覚醒)

 

作曲賞は前哨戦で無類の強さを見せつけた映画音楽界のレジェンドである「ヘイトフル・エイト」のエンニオ・モリコーネ以外はあり得ないだろう。彼の長年の功労を称える会員の票が一気に集中すること間違いなしだ。次点ではもう一人のレジェンドである「スター・ウォーズ」のジョン・ウィリアムズにしてみた。「キャロル」のカーター・バーウェルと「ボーダーライン」のヨハン・ヨハンソンはノミネートこそが勝利だ。「ブリッジ・オブ・スパイ」のトーマス・ニューマンはいつになったら受賞できるのだろうか…。

 

 

歌曲賞

予想:Writing's on the Wall(007 スペクター)

次点:Til It Happens to You(The Hunting Ground)

 

歌曲賞は個人的な趣味を尊重させて「007 スペクター」のWriting's on the Wallに、次点には「The Hunting Ground」のTil It Happens to Youにしてみた。サム・スミスVSレディー・ガガという構図にしてみたがどちらが勝つのか、それともどちらも負けるのか?

 

 

外国語映画賞

予想:サウルの息子

次点:ディーブ

 

外国語映画賞は前哨戦から見ても一目瞭然で「サウルの息子」以外考えられない。次点としては「ディーブ」を挙げたが果たしてどうなるか?

 

 

短編映画賞

予想:Stutterer

次点:Day One

 

短編映画に関しては全く分からないので勘で選びました、すいません。

 

 

長編ドキュメンタリー賞

予想:AMY エイミー

次点:カルテル・ランド

 

長編ドキュメンタリー賞は前哨戦の結果からAMY エイミーと予想した。次点ではなんとなくカルテル・ランドにしてみた。

 

 

短編ドキュメンタリー賞

予想:Last Day of Freedom

次点:Body Team 12

 

 短編ドキュメンタリーに関しても全く分からないので勘で選びました、すいません。

 

 

 

 

…という訳で予想してみたら「マッドマックス」推しの予想になってました(笑)個人的願望を交えたアカデミー賞予想をしてみましたが、果たして結果はどうなるのでしょうか?みなさんも事前に予想してから授賞式を見てみると面白いですよ!